失敗しない荷造りの方法 - 小物などその他

ビン類、水ものなど

使いかけのものはふたをきちんと閉め、サランラップやビニール袋で口の部分を包んでください。輪ゴムやガムテープでとめておくと少々のことで中身がこぼれることはありません。箱底には新聞紙を敷き、必ずその中に立てて並べてください。ビン底を保護する目的でもあるのですが、一番の目的は、多少中身がこぼれてしまっても衣服など他の家財道具にシミをつけないようにするためです。

ビンなどの割れ物であれば、ビン同士がぶつかりあって割れないようにビンの周りを新聞紙等でまいておくと良いでしょう。もし並べた際にすき間ができるようであれば、新聞紙やタオルを詰め、中でビンが動かないように工夫してください。箱ごと振ってみてカチャカチャと音がなるようでしたらまだ緩衝材が足りません。外部からの衝撃に備えるため、ガラスの厚みが薄いビンを箱の中央に持っていくとも効果的です。

よほどこぼれやすそうなものが入っている場合は、運ぶものが一目でビンや水ものが入っていると分かるように、ダンボールの上ブタを開けておく(もしくは上ブタを閉じた状態で切り込みを入れ、中身が見えるようにしておく)のも良いと思います。

書籍、雑誌など

なるべく大きさが同じものをまとめて、丈夫で小さめのダンボール箱へ入れて下さい。1箱20〜25kgまでが目安となります。ひもで縛って運ぶと書籍の表面に傷がつくばかりか、トラックに積みにくい、荷崩れしやすいなどあまり良いことがありません。また、プラスチック製の箱や衣装ケースなどに詰めますと、箱の方が重みで割れてしまうことがあります。必ずダンボールケースに入れるようにしましょう。

布団や座布団など

大抵の引越し業者で布団袋をレンタル、もしくは買取で用意してもらえるようです。もし自分で引越しをするなどで布団袋がない場合は、布団屋さんやホームセンターなどで探してみると良いでしょう。どうしても布団袋が手に入らない場合は、大きな風呂敷やシーツで少量ずつ包むと運びやすいと思います。

布団袋に布団を入れるコツですが、床に布団を布団袋に入る程度の大きさにたたみ、積み重ねてください。積み重ねられた布団に布団袋をかぶせてひっくり返すと難なく荷造りできると思います。布団袋に余裕があるのであれば座布団や枕も一緒に入れると良いでしょう。

なお最近では布団圧縮袋のように数枚の布団を圧縮できる機器も販売されています。注意してもらいたいのは圧縮して体積は減るけれども重さは減らない点。引越し業者が用意した布団袋や布団屋さんで売っている布団袋に、この圧縮した布団を袋いっぱいにつめますと、動かそうにも動かないほど重たくなるでしょう。圧縮袋は圧縮袋のままで運んだ方が無難だと思います。

もし引越し業者にお願いせず自分で運ぶのであれば、ビニール製のひもで布団袋をしばっておくと良いと思います。握りやすくなりとても運びやすいと思います。

照明器具

引越し業者にお願いする際は、大抵引越し業者の方で梱包してくれるようです。

自分で運ぶ場合は、エアキャップでかさの部分と機械部分を分けて包み、大き目のダンボール箱に入れると良いでしょう。箱との間にすき間があるようでしたら念のため新聞紙を詰めて固定するとなお良いと思います。吊るすタイプでは無く天井に固定するタイプの照明器具をお使いであれば、取り付け部分の器具(アダプター)も忘れずに持っていくようにしましょう。

買った際の箱があるのであればその中に入れて運ぶのがベストです。

テレビ、ビデオ、オーディオなど

引越し業者にお願いする際は、大抵引越し業者の方で梱包してくれるようです。

自分で運ぶ場合は、大き目の箱に毛布で包んで入れておくと運びやすく壊れにくいと思います。大型のテレビなど箱に入りきらない場合は、組み立てていないダンボール箱をスクリーン部分にあて、ひもで縛るなどしてダンボール箱を固定した状態で運ぶと良いと思います。あまりにも大きなものは引越し業者か運送業者にお任せすることをお奨めします。

配線やリモコンなどはばらばらの箱に入れず、なるべく一つにまとめておいた方が良いでしょう。

ビデオをテレビ台の中に入れたまま運ぶと、ビデオがテレビ台前面のガラスにぶつかり割れる恐れがあります。必ず別々に運びましょう。

植木、鉢植えなど

引越し日2〜3日前から水やりは控えめにしておいて下さい。鉢の部分をエアキャップもしくはビニール袋で包み、ダンボール箱に入れましょう。その際、上面のふたはしないか、ふたをしても中身が見えるよう天面に切込みを入れておいて下さい。極端に大きな鉢植えや植木は引越し業者か運送業者に依頼した方が良いでしょう。

貴重品

現金、有価証券、貴金属、各種通帳、印鑑、書類など貴重品は引越し荷物として運んでもらうことはできません。また、万が一の紛失などに備えて自分で運ぶようにした方が間違いがないでしょう。引越しの準備をする際に真っ先にひとまとめにし、引越し荷物とは別に管理しておくことが大事です。

石油ストーブ、ガソリンなど

ストーブの灯油やポリタンクに入れたガソリンは引越し途中に漏れることがあります。漏れて引火することも確かに問題なのですが、衣類や他の家具などに臭いやシミがついてしまうことも問題となります。ストーブのタンクは必ず空にしてから運ぶようにしましょう。空焚きをすると大抵のタンクは空になります。ただタンクが空になっても、タンクと本体とのジョイント部分にかなりの量の灯油が残ります。これは空焚きをしても安全装置が働くため、全て燃えきらないためです。スポイトやポンプで吸い取るか、ティッシュペーパーなどで拭き取るかして下さい。

また、ポリタンクに入った灯油やガソリンは強めにふたをしめてごみ袋(念のため2重)に入れて運ぶようにすると良いでしょう。

人形ケース

引越し業者にお願いする際は、大抵引越し業者の方で梱包してくれるようです。

自分で運ぶ場合は、ガラスケースと人形とを別々に梱包することをお奨めします。人形は皿巻き紙などで厳重に梱包して箱にいれましょう。新聞紙で包むと印刷が人形に写る場合があります。皿巻き紙が無い場合にはティッシュペーパーである程度梱包し、その上から新聞紙で包むようにして下さい。

人形ケースは特に注意が必要です。人形ケースの中には接着剤を使わず、柱とガラスをただ組み合わせているだけのものがあります。ケースのふたを開けて人形を取り出す際、梱包する際にも人形ケースがばらばらにならないように気をつけて下さい。まずは中にタオルやバスタオルなどを詰め、中から人形ケースを固定します。人形ケースの中に梱包済みの人形を入れても良いでしょうが、その際にも中から人形ケースを固定することは忘れないで下さい。次に人形ケースをダンボール箱の中に入れるのですが、なるべくガラスケースと箱にすき間がない頑丈なダンボール箱にいれるようにして下さい。人形を買った際のダンボール箱があれば一番良いと思います。無ければ少し大きめのダンボール箱を適当な大きさにカッターで切り、すき間がなるべく空かない状態でダンボール箱を組み立ててください。

特に厳重な注意が必要なものなので、ダンボール箱に人形ケースなどと派手に明記し、運ぶ方に注意を促してください。

パソコン

梱包の前に必ず中身のバックアップを行いましょう。ディスプレイは基本的にテレビの梱包と同じです。本体部分は少し大きめの箱に毛布やバスタオルで厳重に包んで入れて下さい。運ぶ際に大きな衝撃や振動を与えないよう十分に注意しましょう。

配線や周辺機器もなるべく少ない箱にまとめ、分かりやすくしておくと良いでしょう。

日用品

トイレットペーパーや雑巾、タオル、普段使う食器やたちまちの食料、下着や着替え、パジャマ、歯ブラシなど。引越し当日まで使う日用品は、大抵の場合引越し後すぐに必要となるものばかりです。これらの日用品は当日に箱詰めをして他の荷物と区別がつくようにと書いておきましょう。引越し業者にも新居で「すぐ使うものなので一緒にしないで」と一言言っておくと間違いないでしょう。

引越し業者に頼まず自分の車で運んでも良いかもしれません。