失敗しない荷造りの方法 - 家具など大きなもの

はじめに

大きな家具は引越し業者が梱包して運んでくれるはずです。基本的には中身を全て出しておくだけで良いと思います。自分で引越しをされる方、自分で引越しをするか業者に引越しを任すか決め兼ねている方などの参考にしてもらえるかと思い紹介をしておきます。

なお、全ての家具に共通して言えることですが、中身は全て出してください。中に入れていたものが引越し後には壊れていた、中に入れていたもののせいで家具に傷がついたということが起こるばかりでなく、失敗しない荷造りの方法でも言いました通り運びやすくするのも荷造りの基本です。中身がぎっしり詰まっていますと家具が重たくなり運びにくくなりますよね。

ただ、こちらで紹介しているものはどれも値段がはるものばかりです。少し厳しいかなと思えば無理をせず、プロの引越し業者に任せることをお奨めします。

和ダンス

タンス内部に引き戸や飾りもの、棚板などがある場合は外して梱包し、ダンボール箱に詰めておきましょう。中板がある場合は運び忘れないよう目に付く場所に出しておくと良いかもしれません。中の引出しは運んでいる際に動きますので、和ダンスの内装を傷つける恐れがあります。和服を入れたまま引出しを別にして運ぶのも一つの手でしょう。引出しを入れたまま運ぶのであれば、中で引出しが動かないよう段ボールなどの緩衝材を入れて下さい。

大抵の場合、和ダンスは上下に分かれます。ただ、上下がネジでとめてある場合、となりの洋服ダンスとネジでとめてある場合がありますので、動かないようであれば無理をせず、接合部分を内側から確認してみて下さい。外したネジはなくなさないよう気をつけて下さい。段ボール箱の中に入れると探すのに苦労しますので、ネジを梱包してタンスの中に縛り付けておくのも一つの手です。

和ダンスを上下に分けた際に、多くの場合タンスがずれないためのイボが付いています。運搬途中にそのイボを破損してしまわないよう外せるものならば外しておいて下さい。その際、ネジと一緒に梱包しておくと良いでしょう。

運んでいる際に和ダンスの開き戸が開く恐れもあります。開き戸が開かないようひもで縛っておくと良いでしょう。ガムテープなどで貼ってしまいますとはがす際にタンスの塗装も一緒にはがれてしまう場合がありますので注意して下さい。

飾り棚が乗っている場合には飾り棚を別に運んでください。

洋服ダンス

タンスの内部にある棚やつり棒、引き出しなどは外して梱包し、段ボール箱に詰めておきましょう。

多くの場合、洋服ダンスは左右に分かれます。上下に分かれるもの、天板と底板も別にできるもの、扉を外さないとばらばらにならないもの、天板を外すと扉(引き戸の場合に多い)が勝手に取れてしまうものなど千差万別です。ネジを外す前に分解された状態をしっかり考えて、思わぬ事故につながらないよう気をつけて下さい。なお、ばらばらにしてはみたものの、組み立て方が分からないなんてことにもなりかねません(左右を止めるネジと天底を止めるネジの長さが違う場合も多い)。完成形をしっかりと覚えて下さい。また外した部品をなくなさないように気をつけて下さい。

洋服ダンスを分解した際に、タンスがずれないためのイボが付いていることがあります。運搬途中にそのイボを破損してしまわないよう外せるものならば外しておいて下さい。その際、ネジと一緒に梱包しておくと良いでしょう。

運んでいる際に洋服ダンスの開き戸が開く恐れもあります。開き戸が開かないようひもで縛っておくと良いでしょう。ガムテープなどで貼ってしまいますとはがす際にタンスの塗装も一緒にはがれてしまう場合がありますので注意して下さい。

食器棚

中身を全て出すのはもちろんのこと、棚も全て外してダンボール箱に詰めておきましょう。引出しの中のものをついつい出し忘れてしまうことも多いようなので気をつけて下さい。

多くの場合、食器棚は上下に分かれます。上下がネジでとめられていることも多いので無理に持ち上げず、接合部分を内側から確認して下さい。

食器棚を上下に分けた際に、多くの場合食器棚がずれないためのイボが付いています。運搬途中にそのイボを破損してしまわないよう外せるものならば外しておいて下さい。その際、ネジと一緒に梱包しておくと良いでしょう。

棚を止めているピンは外れやすいようであれば外しておいて下さい。きつくはまっているようでも運送途中の振動ではずれてなくなってしまう場合もあります。外したものはネジなどと一緒に梱包しておくと良いでしょう。

多くの食器棚は前面がガラスとなっています。ガラス部分を保護するために前面を段ボールで覆い、ひもで縛っておくと良いかもしれません。ガラス部分が引き戸となっていて外せるようであれば、外して梱包し別に運ぶのも良いでしょう。

運んでいる際に食器棚の開き戸が開く恐れもあります。開き戸が開かないようひもで縛っておくと良いでしょう。ガムテープなどで貼ってしまいますとはがす際に食器棚の塗装も一緒にはがれてしまう場合がありますので注意して下さい。

本棚・サイドボード

中身を全て出すのはもちろんのこと、棚も全て外して段ボール箱に詰めておきましょう。引き出しの中身は引き出しごと箱に詰め、新聞紙などでものが動かないようにして運ぶと新居で少し楽かもしれません。

棚を止めているピンは外れやすいようであれば外しておいて下さい。きつくはまっているようでも運送途中の振動ではずれてなくなってしまう場合もあります。外したものはなくなさないよう気をつけてください。

全面がガラスとなっている場合はガラス部分を保護するために全面をダンボールで覆い、ひもで縛っておくと良いかもしれません。ガラス部分が外せるようであれば外して梱包し、別に運ぶのも良いでしょう。

運んでいる際に扉が開いたり引き出しが飛び出たりする恐れがあります。不安なところはひもで縛っておくと良いでしょう。ガムテープで貼ってしまいますと、はがす際に塗装も一緒にはがれてしまう場合がありますので注意して下さい。

ベッド

ばらばらに分解し、同じくらいの大きさの部品同士をひもで縛って運びましょう。

ネジはなくなさないよう気をつけましょう。ネジを梱包して厳重にベッドの部品に縛り付ける(ガムテープで貼り付けても良い)のも良いかもしれません。小さな袋に入れておくのも良いでしょう。

ベッドマットは汚れが付かないよう不要なシーツやエアキャップで包むと良いかもしれません。その際に井型にひもで縛っておくと持つところができ、運びやすいと思います。

頭の部分に電灯や引き出しがついている場合、取り外せる部分は取り外しておいた方が落ちる心配がなく良いと思います。

食卓

トラックや荷台に余裕がある場合を除き、分解して運ぶことをお奨めします。そのまま運ぶと廊下で引っかかってしまったり、玄関から出なかったりとあまり良いことはありません。食卓の大きさと通り口の広さによりますので何とも言えませんが、場合によっては分解するつもりでいて下さい。分解した際にはネジをなくなさないよう気をつけて下さい。

トラックや荷台に積み込むときは食卓の表面に傷が付かないように毛布で覆い、荷台を有効活用するよう上と下にダンボール箱を乗せるのも良いかもしれません。

冷蔵庫

必ず中のものを全て出すように注意して下さい。氷や卵などを出し忘れ、衣類や他の家具にシミを作ってしまう場合もあるようです。

引越しの前日には電源を抜き、霜取りのために冷蔵庫の扉を開けておくようにしましょう。これをやっておかないと運んでいる際に冷蔵庫から水が流れ出ることとなります。

運ぶ前にはもう一度水が溜まっていないか確認をして下さい。冷蔵庫の底面か裏に、水の排水口があると思います。

大型の冷蔵庫の全面最下部にはプラスチック製の足カバーが付いていることが多いです。これは非常に割れやすいので、外して冷蔵庫とは別に運ぶことをお奨めします。簡単に梱包して冷蔵庫の中に入れておくのも良いかもしれません。

運んでいる際に電源コードを踏まないよう、裏面などにガムテープで止めておくと良いでしょう(前面や側面に止めると冷蔵庫の表面がへこむ可能性有り)。扉の中にプラグ部分を入れふたをしておいても良いと思います。

新居に運び終わり、目的の位置に置いた状態で約半日は電源を入れないで下さい。運ぶことにより冷蔵庫の中のガスが不安定な状態となり、故障の原因となります。

洗濯機

水道口のホースと排水ホースを外し、洗濯機の中に入れておきましょう。その際に、水道の蛇口に付いているアダプターを忘れずに持っていきましょう。

運ぶ前に洗濯機を傾け、しっかりと水を出しておきましょう。運送途中に水が漏れると衣類や家具にシミができる原因となります。

洗濯機の上面はプラスチックのふた製となっている事が多く、上に重たいものを置くと割れる恐れがあります。できることであれば洗濯機の上には何も置かないことをお奨めします。

学習机

机にヘッドが付いている場合は必ず取り外して下さい。多くの場合側面にネジが付いています。ヘッド部分に引き出しが付いている場合は引き出しごと箱詰めしてしまうのも良いかもしれません。蛍光灯やヘッドライト部分は運ぶ際に壊れないよう簡単にエアキャップなどで巻いておくと良いでしょう。

机の引き出しの中身を全て出すのはあたり前ですが、運んでいる際に引き出しが出てこないようひもで縛っておくと良いでしょう。ヘッドの止め具を新聞紙などで厳重に巻いて机の引き出しに入れておくのも良いかもしれません。

鏡台

ほとんどの鏡台は鏡部分が外れます。割れやすい部分なので外して運ぶと良いでしょう。外した鏡は鏡面にダンボールを当てて下さい。開くタイプの鏡であればダンボールを鏡ではさむと良いと思います。その状態でエアーキャップか毛布で全体を巻き、ひもで縛って運んで下さい。鏡の部分に飾りや電灯が付いている場合もありますが、大抵の場合ネジ式となっており取り外せます。取り外して厳重に梱包し、段ボール箱に入れて運びましょう。その際にネジをなくなさないよう気をつけて下さい。

鏡台の台天面にはガラスや陶器製の板が付いている場合が多いです。気をつけて取り外し、ダンボールに挟んで運ぶようにしましょう。トラックの荷台などに積みますと不注意で割れてしまうこともあります。助手席などに乗せ個別に運ぶのも良いかもしれません。すき間がなく板が取り外しにくい場合には、ガムテープを貼りゆっくりと持ち上げると楽に外せます。

鏡台の椅子の中にも化粧品入れが付いている場合もあります。うっかり出し忘れると化粧瓶が割れてしまったり化粧水がこぼれてしまったりする恐れもあります。必ず運ぶ前に確認をしましょう。

お仏壇

お仏壇は意外と引き出しが多いものです。引き出しとは分からない部分が引き出しになっていたり引き戸になっていたりしますので十分に確認しましょう。引き出しは中身が入ったまま抜いて厳重に梱包し、箱に詰めると良いでしょう。

飾りなど取り外せるものは全て取り外し、ダンボール箱に入れて運びましょう。

仏壇を運んでいる際に扉が開く恐れもあります。扉が開かないようひもで縛ると良いでしょう。ただし、あまり強く締めすぎると、仏壇にひもの跡がつく可能性もあります。心配な方はひもと仏壇の角の部分(4箇所)に切ったダンボールを当てておくと良いでしょう。

大抵の仏壇は上下に分かれます。タンスなどと違い、ネジで止められていることはほとんどありませんし、いぼが付いていることもあまりありません。ゆっくりと上に持ち上げるとすんなり分かれると思います。