引越し用語集

ウィング車うぃんぐしゃ箱型の荷台の側面が羽のように開くトラックのことを指す。4t車未満に付いていることは少ない。
エアキャップえあきゃっぷエアの詰まった直径1cm程度の突起が沢山ついたビニール製の緩衝材。いわゆる「プチプチビニール」のこと。
エアサスえあさすエアーサスペンションの略。積載物に路面からの衝撃をあたえないためのクッション装置。エアサス機能を搭載したトラックのことを指す場合もある。
開梱かいこん梱包してある状態のものを通常の状態に戻す作業のこと。「和ダンスを開梱する」のように使う。
担ぎ上げかつぎあげエレベータを使わず人力で、階段を使い2階以上のフロアに家財道具を運ぶこと。
担ぎ下ろしかつぎおろしエレベータを使わず人力で、階段を使い2階以上のフロアから家財道具を運び出すこと。
ケースけーす段ボール箱のことを指す事が多い。
ゲート車げーとしゃ車両の後部に荷物を持ち上げるための装置が付けられているトラックのことを指す。荷台までしか上がらないタイプのものから、2階くらいの高さまで上がるタイプのものまでいろいろある。
梱包こんぽう基本的に荷造りと同意。荷造りが比較的大きな家具などに対して使用されるのに対し、梱包は比較的小さなものを運ぶために適した状態にする際にも使われる。
皿巻き紙さらまきがみ新聞紙では湿気等により皿などに印刷が写ることがあるので、皿などの割れやすいものを包むために開発された緩衝材。新聞紙より少し厚め。単に皿紙(さらがみ)とも呼ばれる
資材しざい梱包に使うための道具を指す事が多い。段ボール箱やガムテープ、エアキャップなどがこれに当たる。
下見したみ旧居に引越し業者の営業マンが赴き、道路や建物の状況、家財道具の量等を見ること。
設置せっち家具など比較的大きな家財道具を指定位置へ配置すること。
積み付けつみつけ車両や倉庫に効率よく荷物を並べること。
吊り上げつりあげベランダや窓からロープを使い、家財道具を吊って運び込むこと。
吊り下ろしつりおろしベランダや窓からロープを使い、家財道具を吊って運び出すこと。
手押し台車ておしだいしゃ押し手が付いている台車のこと。
撤去てっきょ養生されている建物の一部を通常の状態に戻すこと。
荷造りにづくり家具など比較的大きなものを、運ぶために適した状態にすること。巻きダンボールで包んだり、ひもで縛ったりして、衝撃や振動に強くし、運びやすい形とするのが基本。
布テープぬのてーぷ布製のガムテープ(クラフト粘着テープ)。粘着力が強く、手でも綺麗に切れる特長を持つ。
箱出しはこだし段ボール箱から家財道具や衣類などを出す作業のこと。
箱詰めはこづめ段ボール箱に家財道具や衣類などを詰める作業のこと。「茶碗を新聞紙で梱包して箱詰めする」のように使う。
ハンガーボックスはんがーぼっくす簡易型洋服ダンス。洋服をハンガーに吊ったまま運ぶ事ができる。
搬出はんしゅつ建物から荷物を外に出すこと。トラックに荷物を積み込むことも含めて指すことが多い。
搬入はんにゅう建物に荷物を運び入れること。トラックから荷物を降ろすことも含めて指すことが多い。
平台車ひらだいしゃ押し手が付いていない台車のこと。
付帯作業ふたいさぎょう引越しに伴い引越し業者が提供する引越し以外のサービス。引越しに伴う場合以外ではやってもらえないサービスがほとんど。
布団袋ふとんぶくろ紙製、又は布製の布団運搬用袋。3〜4セットほどの布団が入る大きさのものが一般的。
ポーターぽーたー引越し専用のはしご車を指す。自走することはなく、トラックやバンで引っ張って運ぶ事が多い。
巻きダンボールまきだんぼーる筒状に巻かれたダンボール製の緩衝材。家具の荷造りなど幅広く使われる。単に巻きダンとも呼ばれる。
見積もりみつもり下見とほぼ同様だが、加えて料金を出すところが唯一違う。「下見をしてから見積もりする」のように使う。
養生ようじょう荷物を運搬する際に、建物や建物の一部に傷が付かないよう保護すること。「エレベータを養生する」「階段を養生する」のように使う。
養生テープようじょうてーぷ養生のために使われる布テープ。粘着力が非常に弱く、貼っても綺麗にはがす事ができる特徴を持つ。ただし、木製の家具にはあまり貼らない方が良い。
横持ちよこもち途中で輸送用のトラックを変更し、荷物を運ぶこと。「10t車では道が狭すぎて新居のそばまで入れないので、2t車で横持ちをする」のように使う。